生ゴミ堆肥化システムは家庭から出る生ゴミを「堆肥化」し、良質な土壌として再利用する画期的なシステムです。従来の生ゴミ堆肥化システムの問題であった「ニオイ」は、できあがった堆肥を各家庭に配布し、脱臭剤として利用することで解決、余剰堆肥の心配もなくなりました。また、有害なダイオキシンなどの物質を発生させないので安心できるシステムです。

ビニールやプラスチック類を除いて食品の生ゴミだけを三角コーナーに!生ゴミ堆肥化循環システムは、これまでのゴミ出しとほとんど変わらない手軽さで利用していただくことができます。ゴミを捨てる時のほんのちょっとした心配りだけで、循環型社会を実現する生ゴミの再資源化に協力していただくことができます。

焼却施設や現在実施されている生ゴミ堆肥化処理施設と比較すると、自然発酵方式の生ゴミ処理システムは施設建設費(イニシャルコスト)を抑えることができます。また、処理設備がシンプルなのでランニングコストや施設のメンテナンスにかかる費用も安価で経済的です。さらに、生ゴミを燃えるゴミと分別して取り除くことで、従来の焼却施設でも燃焼効率が向上し、燃料費を削減したり、焼却炉の寿命を延ばすことにもつながります。

このページのトップへ戻る

ご家庭の生ゴミが堆肥として出来上がるまでの流れ

ご家庭の生ゴミが堆肥として出来上がるまでの流れ

こちらをクリックすると画像を拡大表示します。

このページのトップへ戻る